30代半ば。 やっと待望の赤ちゃんを授かることができました。 気軽にコメント残してください。
             
    
              
    
                  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あーあ、とうとうここまできちゃったよ。
39週4日で10ヶ月4回目の健診。

今回もNSTの後、診察。
いつもの先生のいない日だったので、まぁもう誰になってもいいか・・・・と先生の指名はしませんでした。
どうせお産は誰になるかわかんないんだし・・・・。
そしたら1度あたったことがあるO先生。
この人、噂によると人気ないらしい。
でも前に1度診てもらったときはそんなに嫌な印象は私は受けなかったんだけど・・・今回は違いました。
話し方が独特・・・馴れ馴れしいとは違うんだけど、語尾が「なんとかしてー」とか、「なんとかねー」とかだからちょっと気になるっていうか。
でもまぁ医者だし色んな人いるからね・・くらいの印象だったんだけど今回は感じ悪かったなぁ。

まず、大きさを見るとのことでお腹の超音波。
超音波での測定だと3700~3800くらい
うひょー、恐ろしいよぉぉ~。
まぁ誤差があるからなんともいえないけど、3500gくらいはいってるでしょうとのこと。

で、内診。
赤ちゃんはだいぶ降りてきてるけど(いつも言われる)子宮口はやっぱり開いてないとのこと。
内診後去り際に「お産始まらなかったら来週またきてー」と淡々と言いながら去っていったドクター。
私 「・・・・は?」

まぁどうせ内診後は隣の診察室で話しをするんだけど、なんだその言い方は?とちょっとそれまでも嫌な感じだったので、なんかカチンときちゃった。

今回は通常の内診のみで子宮口の刺激もなし。
その前に赤ちゃん3800gくらいいってるかも・・・ってわかってるのに、このまま何もしないで陣痛待ってて大丈夫?
刺激しなくていいのぉ?
って思うけど、こっちから刺激してくれって言えないし・・・・。


で、隣でお話。
また同じこと言われ・・・。
先生 「来週産まれてなかったら、入院して促進剤とかの処置を決めるから。」
私 「1週間後・・・ですか。」
先生 「来週来てすぐ入院じゃないからね、その時どうするか決めるから。」と小バカにしたように言い放つ。
私 (そんなことわかってるわよ

私 「赤ちゃんだいぶ大きいみたいだけど、大丈夫なんでしょうか?」

先生 「大きいから出てこれないとか関係ないから。赤ちゃんがどんなに大きくてもお母さんの産道が広ければ出てこれるし、2500gくらいしかなくても産道狭ければ出てこれないんだから」とまた小バカにした風。

私 (そんな理屈を聞きたいんじゃないっつーの) 「はぁ・・」

なんか何言ってもムダっぽいので、退散しました。
普通、予定日前で3800gあるかもって言われたらびびりませんか・・・?
早く出さないと出れなくなるんじゃ・・・・って不安になると思うんだけど。
なのに、子宮口の刺激もなければ、運動しろとの指導もなし。
ただ1週間待って、陣痛こなければ促進剤?
ってかその時には4000gいってるってことにはならないの??
何もしないでおいて促進剤・・・とか言わないで、子宮口の刺激とかなんかできることやっておいて欲しかったなぁ。
それって先生次第なのかしら。
赤ちゃんがまだ小さくて余裕があるならまだしも通常より大きいってのにさー。
少しはそっちもあせってくれよ・・・。

何もしないのが方針なのかもしれないけど、不安な気持ちを受け止めてくれるくらいしてくれもいいと思うんだけどな。
前回骨盤のレントゲン撮ってるし、それからみたらまだ大丈夫だよ。
とか、なんかいいようがあると思うんだけどなぁ。
4000gのベビー出産になるかも・・・ってので不安にならないお母さんいるのかな?

なんかすっごく嫌な気分で診察を終えました。
先生の指名をしないとこの先生になるってことはやっぱりコイツ(コイツになっちゃった・・爆)相当人気ないんだと思う。
お産がこの人にあたったら嫌だ~!ってつくづく思ったけど、そう思うと当たっちゃう気が・・・
あー、本当に嫌なやつだった。
10ヶ月最後の健診はやっぱり先生を選ぶんだったよ。

というわけで次回は1週間後。
予定日過ぎてからの診察。
大丈夫なのかしら・・・。
予定日付近に診てくれるんだと思ったのにな。
次回はやっぱりいつもの先生に診てもらおう。
でも1週間後じゃ不安だよぉー。
その前になんとか陣痛こないかなぁ・・・。

というわけで、病院後早速散歩へ。
がんばって1万歩歩いたけど・・・・・効果あんのかしら?
さすがに足の裏が痛くなっちゃった。
プラス10キロで1万歩の運動は足裏にも負担がかかるのね・・・。

で、気休めに夜は焼肉食べに行ってみたよ。
でも今日は相変わらずなーんの変化もありません。
雪すごくて散歩もできないし・・・なんか悶々・・・・・。
ここにきてこんなに悩まされるとは・・・・。
チビオよ、実は3000gくらいでいる・・・なーんてことないよね?
早く出てくるか、少しはそこでダイエットしておくれ・・・なーんて無理か。

3800gと聞いてかーなりびびってマス・・・。
とうなることやら・・・。



↓ ↓ ↓ 参加してマス。ポチっとお願いします

 にほんブログ村 マタニティーブログ 高齢出産へ   
スポンサーサイト
もう一つだけ書こうと思ってた妊娠時の基礎体温をアップしておきます。
私は低温期が16~22日と長め。
排卵の時期の特定が難しくていつも苦労してました。
妊娠した今回も・・・なんだかよくわからない周期だったんだよね。
16日目に行った卵胞チェックではいつになく小さめの12.5mm。
これで排卵するの~?ってがっかりして帰った覚えがあります。
先生から指示されたのは20日目と22日目。
がんばって1日2mm大きくなったとしてもそんなとこだよね。
でも排卵検査薬は19日目で濃い目の線だし・・・。
20日目には高温期へ向かっていくし・・・。
どうなってんだぁと思いながらも、19日目ではさすがに卵ちゃん大きくなりきってないだろうと我慢して先生の指示通りにタイミング。
結果的には20日目のタイミングを排卵日としたけど、16日目の卵ちゃんの様子ではそれでも早いくらい。
今までも16日前後で小さめの卵胞の時があってガックリしたもんだけど、それでも妊娠するんだなぁと身をもって知りました。
だから卵ちゃんが小さめの人、そんなに悩まなくてもいいかも。
卵胞は1日2mm以上ぐーんと大きくなることもあるのかもしれないし・・・。
排卵すればいいんですね、きっと・・。


1  低温期1  36.52
2  低温期2  36.41
3  低温期3  36.63
4  低温期4  36.61
5  低温期5  36.41
6  低温期6  36.37
7  低温期7  36.38
8  低温期8  36.38
9  低温期9  36.47
10 低温期10 36.67 
11 低温期11 36.55
12 低温期12 36.40
13 低温期13 36.49
14 低温期14 36.33
15 低温期15 36.48 
16 低温期16 36.38   卵胞チェック 左12.5mm 内膜8.9mm
17 低温期17 36.29   排卵検査薬うっすら線
18 低温期18 36.20   排卵検査薬うっすら線
19 低温期19 36.32   排卵検査薬濃いめの線
20 高温期1 36.53   排卵検査薬濃いめの線 タイミング指示された日
21 高温期2 36.53    排卵検査薬濃いめの線
22 高温期3 36.74   排卵検査薬うーっすら線 タイミング指示された日
23 高温期4 36.75
24 高温期5 36.72
25 高温期6 36.88
26 高温期7 36.75
27 高温期8 36.82
28 高温期9 36.90
29 高温期10 36.77
30 高温期11 36.79
31 高温期12 36.93
32 高温期13 36.99
33 高温期14 36.91
34 高温期15 36.84
35 高温期16 37.42   早期妊娠検査薬陽性
36 高温期17 36.86
37 高温期18 36.94
38 高温期19 36.84
39 高温期20 37.00
40 高温期21 36.88
41 高温期22 36.87
42 高温期23 36.92
43 高温期24 36.96
44 高温期25 36.92   胎嚢確認(5W3D)
45 高温期26 36.96
46 高温期27 36.95
47 高温期28 36.82
48 高温期29 36.90
49 高温期30 36.92
50 高温期31 37.00
51 高温期32 37.09   心拍確認(6W3D)
52 高温期33 36.93
53 高温期34 37.00
54 高温期35 36.90
55 高温期36 36.99


とまぁこんなかんじ。
そんなに参考になる基礎体温ではないけど一応・・。
高温期はだいたい36.7度~36.9度くらいで、37度超えは滅多にありませんでした。
これは妊娠しなかった周期でも変わらず。
排卵日らしき日と低温期から高温期への移り変わりは周期によってまちまちで結局よくわからずじまいだった。

参考にして欲しい点は16日目で12.5mmの卵胞でも妊娠することはあるよ・・・ってことかしら。
だいたいつも小さめなんだけどそれでも16日目で14mm~16mmはあったりしたんだが、今回最小の12.5mm。
それだけで諦めモード入っちゃったりもしたけど、やってみないとわからないもんだなぁと・・・・。
その他色々の卵子と精子の状態の合わさった結果なんだろうがホント妊娠ってフシギ。

あ、精子の状態と言えば、排卵日少しくらい前から、いつもダンナにマカと亜鉛とにんにくのサプリ飲んでもらってたんだけど、今回はお土産にもらった「たまりにんにく」があったので、サプリを止めてそれを毎晩5粒くらい食べてトライ!
まさかこれが良かったのか?は不明ですが、いつもと違うことをしてみるってのもアリなのかも・・・・。



↓ ↓ ↓ 参加してマース。ポチっとお願いします


今日はなんとなく気分がマシなので、ぜひ1度まとめたいと思っていた今までのあれこれをがんばって書いてみます。
赤ちゃん待ちでがんばってる人の少しでも参考になれば嬉しいです。
(長いので時間のあるときに・・・)


2003年秋結婚
色々あって・・・
2004年11月くらいから子作り開始!

2005年5月 不正出血の為会社近くの婦人科受診。不妊治療も積極的に行ってる所だったので、検査しながらタイミング指導を受ける。

2005年8月~ 冷え性改善のため、週1でゲルマニウム温浴へ通い始める。

11月~ これまた冷え性等の体質改善のため中国気功整体とやらに週1で通う。すごーくツボを心得た先生で非常に気持ちよかった。(お金が続かなくなり2006年11月ころ止める。)

同じく11月~ スポーツジム再開。が、月に3~4回くらいしか通えず・・・。

2005年3月~ 岩盤浴なるものが沿線上にできたので通いだす。ゲルマニウムより汗かいていいかんじ。

2005年11月 1回目の卵管造影検査異常なし。その他一通りの検査も特に異常は認められなかったので引き続きタイミング。平行して9月からツムラの漢方飲み始める。

2006年3月 クロミッド服用開始。

2005年5月~ 岩盤浴付のジムができたのでそちらへ入会。ゲルマニウム温浴はやめる。

2006年5月~ ノニジュースを飲み始める。不妊にも良いらしいということで飲み始めたけど、効果があったかどうかはハテナ。でも風邪をひかなくなったのでヨシとする。後半はさぼりがちだったけど、妊娠するまで飲んでました。

5月いっぱいで会社辞める。

2006年6月 クロミッド + HCG で初のAIH。→ 撃沈。

20代半ばで乳癌を経験しているので、ホルモン剤を使っての積極的な治療には抵抗がある中での不妊治療。
ここまでやってみたものの結果も出ず、ホルモン剤を使用することへのストレスばかりが募っていたので、思い悩んだ末、治療を中断。
年齢的には余裕はないけど、検査で悪いところは見つかってないし、冷え性で代謝が悪いことは自覚していたので、まずは体質改善を第一に自己流で色々挑戦することに。

5月いっぱいで会社を辞めていたので、週2回ペースでジムへ通い運動。
岩盤浴もやって汗をたっぷりかく。

2006年7月~10月 鍼灸に興味を持ち、近くの鍼灸院へ通いだす。不妊専門のところではなかったが相談してお家でやるお灸とかも教わる。週1くらいで通ってました。血行を良くする為、吸玉やヨモギ蒸しも時々やってみる。

2006年8月~ 半身浴を始める。毎晩30分以上は湯船につかる。読書タイムにあてていたので苦もなく、毎晩の半身浴が楽しみに。

2006年9月~10月 マカを飲み始める。・・・が、生理周期が乱れ、排卵がなく高温期にならなくなったので、合わなかったのかと思いすぐやめる。漢方を飲み始めたこともあり、マカは飲まないことに。

2006年10月~ 初診5ヶ月待ちだった有名な漢方医院へ通いだす。於血があると言われる。毎日漢方を煎じて朝晩飲む。

2006年10月~ 通院は止めていたのだけど、卵胞の様子がわからないのも不安なので、通いやすい近所の産婦人科の不妊外来へ通い始める。ホルモン治療に抵抗があることを伝え、タイミングと検査中心で進めることに。

2006年11月~ 友達の紹介で、自然医療のリンパ系マッサージのサロンへ行ってみる。友達の友達はそこへ通って長い間の不妊が解消されたとのこと。前々から聞いていたのだが、料金がべらぼうに高かったので躊躇していたのだけど、清水の舞台から飛び降りたつもりで12回だけ通ってみることに。

2006年12月 2度目の卵管造影検査をする。異常なし。その他一通り検査するもやはり特に原因は認められず。

2006年12月~ ひょんなことから自宅にヨモギ蒸しセットを持つことに。低温期中心で週2回ペースで体を温める。

2007年1月 卵胞チェックの内診で子宮内膜ポリープがみつかる。次の生理を待って取ることに。

2007年2月 初めての陽性反応。しかし、胎嚢確認できず・・・6週後半で化学流産。

2007年3月 流産後の生理を待って子宮内膜ポリープ除去手術。ポリープ2個摘出。病理検査は異常なし。

2007年3月~5月 流産後ポリープの手術することが決まっていたので、しばらく子作りはお休み。せっかくのお休み周期なので、ビリーザブートキャンプへ入隊!低温期高温期関係なく毎晩30分~1時間運動。
ジム通いは岩盤浴、ヨモギ蒸しも中断なく続ける。

2007年5月 手術後の生理を待って次の周期からタイミング再開。妊娠。


とまぁこんな感じです。
振り返ってみるとホント、色んなことやりましたねぇ。
お金もたくさん使いました
中には効果があったのかよくわからんものもあるけど、一つ一つの積み重ねが生きてきた・・・のだと思いたい。

でも何が1番効果があったのか?というと今思うのは、お休み期間中の中断なしの運動だった気がします。
つまりブートキャンプ。
別に不妊に効果があるってわけじゃないんだけど、体質改善には非常に効果があったみたい。
そもそも夫婦共に結婚以来びみょーに最高体重更新してきてたので一念発起して始めたんだけど、バンドなし初心者だったので体重の変化はほとんどなかったが、毎晩30分~1時間運動するってことは血行を良くする上では非常に効果があった。
今まで運動するにしてもやはり高温期は抵抗があったので、低温期中心。
とすると1週間~10日くらいしか実質活動できなかった。
それだとやっぱりとぎれとぎれになって効果が出にくかったと思うんだよね。
だから流産や手術っていう嬉しくないできごとで、お休み期間が3ヶ月もあることはあせることにもなったけど、結果的には良かったのだと思う。
私のように原因不明の不妊の人で冷え性を自覚してるなら、体を温めること、血行を良くすることは大切かつ有効なんだなぁと感じました。

ブートキャンプやってから自分でも体がホカホカしてるの感じて、漢方医院へ行ったら今まで全然変化がなかった於血のポイントが押されてもほとんど痛くなくなってたし、リンパ系マッサージの先生にも「体質変わったわよ」って言われたんだよね。
長いこと色々やって、「少しは効果出てるのか?」って落ち込むことも多かったけど、やっぱり継続は力なり・・結果は必ず出るもんだ・・と思いました。
こういう自信も良い方へつながったのかも。

後ね、気持ちの変化も大きかった。
ブログにも書いたけど、流産してからなんか妙に吹っ切れたものがあったんだ。
「妊娠できることがわかってよかったじゃん」て言う人もいたけど、私にはそうは思えなくて、妊娠って遠い・・・というか難しいというか。
陽性反応出てからの2週間が心配だし不安だし凄く長くてつらくて・・・。
陽性反応出てもそこから先の長い道のりを考えたらなんだか出産することが凄く難しいことに思えちゃってさ、ちょっと怖くさえ思ってしまった。
で、なんかもうあせってもしょうがないなぁって気持ちに凄くなって、どういうわけか気持ちが吹っ切れてきたんだよね。
よく諦めた頃とか考えなくなった頃とかに妊娠するって言うけど、そんなこと無理だぁって思ってた。
基礎体温測ってるし、周期はあるんだし、子供は欲しいんだし、考えないなんて無理だよ~って。
さすがに全く考えなくなることはなかったけど、なんだか今までほどには考えなくなったし、つき物が取れたというか・・・そういう状態に自分がなるとは思わなかったけど、でもそういう精神面での変化も大きかったかなぁ。
知らない間に焦りすぎて自分を追い詰めてたのかも。


まだまだこれからも先は長いし、どうなるかわからないけど、ここまでがんばった自分に自信を持ってこれからも過ごしたいと思います。
30代半ば・・・どぼかし続けて書いてきたブログだけど、実はもう37歳。(始めた時は36だったんだけどね~。)
しっかり高齢出産だし不安はつきないけど、せっかく授かった命だから大事にしたいと思います。

そしてがんばってる皆さんも年齢的にはきっとまだまだいけるはず。
色々あると思うけど諦めないでがんばって欲しい。
皆さんのところにも早くコウノトリさんがやってきますよーに。



↓ ↓ ↓ 参加してマース。ポチっとお願いします

                   
                    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。